無料ブログはココログ

お薦めホームページ

« 「ミュシャ展〜運命の女たち〜」(S) | トップページ | 「星降る夜×BONBONcafe vol.3」(S) »

2017年12月20日 (水)

「第35回 ペトロフピアノコンサート〜ペトロフピアノ来日100年記念プレ・コンサート〜 ー異国の風景ー」(S)

「第35回 ペトロフピアノコンサート 〜ペトロフピアノ来日100年記念プレ・コンサート〜 ー異国の風景ー」

Th_img_1835

 今月はじめにコンサートに行ってきました!このペトロフピアノの演奏を聴くのは今回が2回目!前回のコンサートも非常に心地よい時間を過ごさせてもらったので、ドキドキわくわくしながら会場に向かいました。
会場に入るとすでにたくさんの人たちが、始まるのを今か今かと待っていました。私も席に着き、プログラムを見ながらそのはじまりを待ちます。
 
 最初に明倫ペトロフの会の方からのお話がありました。今回のコンサート会場には明倫小学校出身の日本画家・中村大三郎画伯の屏風画『ピアノ』のレプリカが飾られていたのですが、これの原寸大の制作を現在考えておられ、ペトロフピアノの本校来日100年のモニュメントにしたいというものでした。完成後は京都芸術センターに常設展示される予定だそうです。
休憩時間に絵画を見ました。朱色の着物を纏ってペトロフピアノを演奏する女性の絵は、どこか幻想的で美しく、引きつけられました。近くで見ると楽譜の音符まで鮮明に見え、とても心惹かれました。私も原寸大の屏風画『ピアノ』も見てみたい気持ちになりました。みなさんもよろしければご支援を考えてみてください。

Th_img_1826

Th_img_1827_2

Th_img_1829

Th_img_1828

 さて、演奏会が始まりました。奏者の河合珠江さんは朱色ではありませんでしたが、美しい青色の着物姿で登場されました。お話も上手で、作曲家や曲についてもわかりやすく説明してくださり、興味深く拝聴させていただきました。
 最初はショパンの『華麗なる大円舞曲』と『ノクターン第2番』。この2曲は有名だし、私も大好きな曲で、本当に楽しく聞かせていただいました。ですがこのコンサートの1番はシューマンの『トロイメライ』ですね。屏風画の女性が弾いているのと同じ曲を同じピアノの演奏で聴けるというのは心躍りました。優しく軽やかなピアノの音色にぴったりの曲で、いつまででも聴いていたい気持ちになりました。ロマン派の作曲家たちの曲に浸れる素晴らしいコンサートでした。私の知らない作曲家や曲もありましたが、奏者の方がひとつひとつ解説してくださり、味わって聴くことができました。
 次回のペトロフピアノコンサートも絶対に行きたいと思います。

Th_img_1830

Th_img_1836

 
コンサート詳細:こちら
明倫ペトロフの会詳細:こちら

« 「ミュシャ展〜運命の女たち〜」(S) | トップページ | 「星降る夜×BONBONcafe vol.3」(S) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65885/66147857

この記事へのトラックバック一覧です: 「第35回 ペトロフピアノコンサート〜ペトロフピアノ来日100年記念プレ・コンサート〜 ー異国の風景ー」(S):

« 「ミュシャ展〜運命の女たち〜」(S) | トップページ | 「星降る夜×BONBONcafe vol.3」(S) »