無料ブログはココログ

お薦めホームページ

« 「くるとん初個展 ノームの子供たち」(S) | トップページ | 「君の椅子」展(S) »

2017年3月14日 (火)

「安野光雅の仕事」(S)

「安野光雅の仕事

 
美術館「えき」KYOTO で開催中の展覧会に行ってきました!
独特の世界観で描かれた絵画は理解しようとしてもしきれないほど、圧倒されました。

Img_10733

Fullsizerender2

Img_30728

安野さんは、文章のない絵だけの絵本でいいじゃないですかと言われ、「ふしぎなえ」という絵本を出版しました。今回の展示ではそのほかに「さかさま」「ふしぎなさーかす」の原画が展示されています。
これらの作品は“だまし絵”みたいで、実際にはありえない不思議な空間を描きだしていました。さてどうなっているのでしょう?
この人はどこを歩いているの?うえ?それとも、した?この階段はどこにつながっているのかな?あぁ、頭が混乱してきた。面白くて笑ってしまう作品もあれば、頭をフル回転させて見なくちゃならない作品もありました。

Fullsizerender1

Img_50730

「もりのえほん」の展示では、隠れている動物がなにか横に書かれているにもかかわらず、いくつかの作品で見つけきれませんでした…うーん、ざんねん。くやしいなぁ。

Fullsizerender

「旅の絵本」はむかし、図書館などでよく見ていたのでとても懐かしい気持ちになりました。ほかにも「あいうえおの本」の展示に、ちょっと感動しました。本も持っており、これで あいうえお を学びました。絵本を見ていた時にはそこまでふしぎに思っていませんでしたが、本のとおりにつくられた、あいうえおのオブジェは考えていたよりも複雑な形をしていました。これを頭の中で創造し、描き出すなんて純粋にすごいと思いました。

Fullsizerender3_2

会場の外で「安野光雅の世界」という映像もご覧になれます。時間に余裕のある方は椅子に座ってゆっくりご鑑賞ください。

ポストカードなどのグッズとともに、今回展示されていた原画の絵本も販売されています。なかには再入荷未定の本も出ています。私の欲しかった「ふしぎなえ」の絵本も入荷待ち状態でした。今度、本屋さんでも探してみようと思います。

日時:開催中〜3/26(日) 10時〜20時 入館締切は19時半
料金:一般 900円 高・大学生 700円 小・中学生 500円
詳細:こちら

« 「くるとん初個展 ノームの子供たち」(S) | トップページ | 「君の椅子」展(S) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65885/65014626

この記事へのトラックバック一覧です: 「安野光雅の仕事」(S):

« 「くるとん初個展 ノームの子供たち」(S) | トップページ | 「君の椅子」展(S) »