無料ブログはココログ

お薦めホームページ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月23日 (木)

「雛・ドールハウス・豆皿 ミニチュア展」(S)

「雛・ドールハウス・豆皿 ミニチュア展」

素敵なアンティークショップの片隅で、繊細なミニチュア作品が展示されていました。
ミニチュア展の作品はお店のオーナーが日本各地やヨーロッパに通い30年間コレクションしてきたものです。展示の際に現代のミニチュアを使っている部分もありますが、そのほとんどが18・19・20世紀の初頭頃までに作られた作品です。
私は小さくて可愛いものが大好きなので、今回の展示会に行ってみようと思いました。見たりお話を伺っている内に、リカちゃん人形・リカちゃんハウス、おままごとセットで遊んでいた頃のことを思い出しました。どんな時代・国でもこうした遊びはあるもので、そのための玩具が生み出されます。当時、ヨーロッパでそうした遊びは貴族の間から流行していき、ドールハウス用のミニチュアなどは職人も技術を結集して作ったものもあるのではないかというお話でした。スプーンやナイフは銀職人、グラスや食器はガラス職人や陶器の職人によるもので、柄・画図けまでなされていて、普通の食器よりも手間がかかっていそうでした。日本の雛道具も同じように繊細なつくりで、もはや子どもの遊び道具の域ではありません。それらよりは大きめに作られたおままごとセットは、実際に使える大きさですので購入してちょっと可愛いお茶会など開いてみると楽しそうです。
この展示会は毎年、雛祭りの時期に開催されており、10年ほど続けられているそうです。また来年伺ったら、コレクションが増えているかもしれません。
 

Th_img_0603

Th_img_0602
 
店内の撮影は禁止でしたので、みなさんもぜひ会場に足を運んで実物をご覧ください。
 
日時:3/12(日)まで 10時〜19時
会場:ギャルリー田澤 木屋町店
詳細:こちら
 
すぐ近くの“ギャルリー田澤 タ・ゴテ”では3/3(金)まで「辻竜馬 作陶展」開催中!
詳細:こちら

「いきもの展 vol.1 キュートで愉快などうぶつたち」「荻原麻衣子 粘土で作るちいさな動物たち」「カラハリからの贈りもの|アフリカ、カラハリ砂漠に住むブッシュマンが描いたアート展」 アートギャラリー北野 B1(S)

「いきもの展 vol.1 キュートで愉快などうぶつたち」
「荻原麻衣子 粘土で作るちいさな動物たち」
「カラハリからの贈りもの|アフリカ、カラハリ砂漠に住むブッシュマンが描いたアート展」
 
雰囲気のある階段をおりた所に、素敵などうぶつたちの作品が展示された空間が広がっています。そこでは3つのアート展が開催されていました。

Th_img_10601

Th_img_20588

入り口すぐ右の壁には、7人の作家によって描かれたキュートなどうぶつたちの絵画が飾られています。表情豊かなどうぶつたちのとても愛らしい作品です。その目を見ていると思わず連れて帰りたくなってきます。

Th_img_30597

Th_img_40596

ギャラリー表のガラス張りの展示スペースと奥の方には、粘土で作られた細やかで可愛い作品が並んでいます。ネズミやウサギを中心とした動物たちを、食べ物や季節、誕生日、温泉といったテーマで表現した作品です。つい手に取ってしまいたくなります。

Th_img_50590 Th_img_0593
 
Th_img_0589
 
Th_img_0600
 
Th_img_0599
 
Th_img_0598

アフリカ・ボツワナ共和国に住む世界最古の民族と言われるサン民族が描く「サン・アート」
日本とは全然違う環境・生活を送る人々が描いた絵画作品です。その人たちの見ている動物の姿を見に行ってみてください。

Th_img_0595
 
ほとんどの作品が展示販売品です。気に入った作品は購入してすぐお持ち帰りできます。
 
会場:アートギャラリー北野 B1
詳細:こちら

2017年2月 7日 (火)

きょうは○○食べてん(S)

きょうは○○食べてん

おいしそうでかわいい作品がいっぱいのアート展です。

Th_img_0519

おなかペコペコで入ったぎゃらりーの中には、とってもおいしそうな絵画がいっぱい!
今にも、焼きたてのパンやスイーツの甘い香りが漂ってきそうです。

Th_img_0517

Th_img_0518
 
暖かみのあるつやつやのパンを見ていると、おもわずお腹がグ―と鳴ってしまいそう。

Th_img_0513

Th_img_0515

この作品を見ている時がちょうど3時のおやつの時間!
リアルなドーナツに、キラキラ輝くゼリーなど、なんだか口の中が甘くなってきました。

Th_img_0523

木の樹液からメープルシロップができるまでを描いた作品!
一冊の絵本を読んでいるようなストーリーのある絵画です。
作っている様子はもちろん、木の健康診断をしているお医者さんや、瓶が割れてしまって慌てている小人など、いつまでも見ていたくなるような、ほほえましい作品です。

Th_img_0520_2

Th_img_0521
 
それぞれの都道府県をイメージした和菓子の絵が壁一面に飾られています。
その土地特有のものや、その土地らしさをばっちりととらえた和菓子、ひとつひとつの名前と種類に、一言が添えられた作品です。
 
展示販売のコーナーには、365日分の和菓子の絵はがきもあります。こちらにも一言添えられているので、自分の誕生日や気に入った言葉の入ったカードを見つけてみてください。
その他にもかわいいデザインのはがきや原画、シールや包みボタンなども販売されています。
 
あー、おいしかった!見ているだけでお腹いっぱい!
みなさんもここに休憩しにきてはいかがでしょう。
 
日時:開催中〜2/12(日) 11時〜17時半 最終日は17時まで
詳細:こちら

第54回 京都府私立幼稚園 かいが展 『こどもが まんなか』 ~元気もりもり夢いっぱい つながる心が未来をつくる~(S)

第54回 京都府私立幼稚園 かいが展
『こどもが まんなか』 ~元気もりもり夢いっぱい つながる心が未来をつくる~
 
こどもたちの作品で様々な森を表現したコーナーには、山や小川、木々や草花などの植物の中で、多くの動物や昆虫、そして一緒に笑うこどもたちがいました。どの森にも笑顔が溢れていて、楽しそうな様子が伝わってきました。森の中にはようせいが隠れていて、それぞれ違う色のお花を持っています。全部見つけたら一番奥のステージの方で報告してみてください。
 
絵画コーナーにはこどもたちの描いた絵が前期・後期に分けて約1100点展示されています。みんな、夢やお話の中のできごと、楽しかったことなどを思い思いに伸び伸びと描いています。生き生きとした作品が元気をくれ、幸せな気持ちにしてくれます。
 
イベントコーナーではその場で描いた絵に、動きをつけてスクリーンに映し出してくれるところもあります。
 
最終日のイベント
11:30〜12:30
おかあさんのためのミニ講座
「子どもとメディア〜成長環境を考える②〜」
講師:野波雅紀先生 京都府私立連盟副理事長
14:00〜14:40
“ぽんぴんず”による歌って踊って楽しいフィナーレコンサート
子ども達や、お父さん・お母さん、先生方と楽しい時間を作る参加型のふれあいコンサートです。
 
かいが展は、本日2/7(火)17時まで京都高島屋で開催中です
みなさんもぜひ、こどもたちの作品を見に行ってみてください。
 

Th_img_0531_2 Th_img_0533

Th_img_0534_2 Th_img_0535

Th_img_0534_3 Th_img_0536_2

Th_img_0537_2 Th_img_0540_2

Th_img_0541_2

Th_img_0543_2

Th_img_0541_3_2 Th_img_0542

Th_img_0544_2 Th_img_0545_2

Th_img_0544_3

Th_img_0546_2

Th_img_0547_2
Th_img_0548_2
Th_img_0549_2 Th_img_0550_2
Th_img_0552_2 Th_img_0554_2
Th_img_0552_3 Th_img_0553_2
Th_img_0551_2
Th_img_0555 Th_img_0557
Th_img_0556

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »