無料ブログはココログ

お薦めホームページ

2019年2月20日 (水)

「長くつ下のピッピの世界展〜リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち〜」(S)

「長くつ下のピッピの世界展〜リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち〜」

Th_img_4548

上の画像は撮影スポットの写真です。長くつ下のピッピになりきって、おサルのニルソンさんと馬と一緒に元気よく記念写真を撮ってみてください。

みなさんは『長くつ下のピッピ』の作品を知っていますか?私自身は本で読んだことはなかったのですが、実写された作品を見たことがあり、元気でかっこいい女の子に懐かしさを感じて今回の展覧会に足を運びました。人生の中で一度はどこかで出会ったことのある作品だと思うので、みなさんもぜひアストリッド・リンドグレーンの作品の世界へと訪れてみてください。

『長くつ下のピッピ』は風邪で寝込んでいた娘の言葉から生まれたそうです。第2次世界大戦が終戦した1945年に出版されました。今回の展覧会ではイングリッド・ヴァン・ニイマンの原画やアストリッド・リンドグレーンがタイプして愛娘に贈った貴重なオリジナル原稿など、約200点の作品が展示されています。ピッピの住む「ごたごた荘」の模型も見応えがあります。原画と見比べるとお家の様子が見事に再現されていることがよくわかります。70年以上も愛されてきた作品をみなさんもぜひ子どもたちと一緒に見に行ってみてください。世界一強い女の子ピッピ以外にも魅力的な人物が登場する『ちいさいロッタちゃん』や『やかまし村の子どもたち』といった作品も展示されており、その原画や映像に心引かれます。

アストリッド・リンドグレーンは子どもの権利や動物の権利の擁護者でもあり、あらゆる虐待に反対の立場を表明していました。スピーチの映像も会場で流れています。子ども時代や息子との関係など、作品にも影響したであろうエピソードもこの機会に知ることができました。

Th_img_4551

Th_img_4552

Th_img_4549

Th_img_4550こちらのおもちゃは在庫が無く入荷待ちとのことでしたが、他にもグッズや本が販売されています。

日程:開催中〜3/4(月)
時間:10時〜20時 最終日は17時まで 入館締切は閉館30分前
料金:一般800円 高・大学生600円 小・中学生400円
詳細:こちら

2019年2月 2日 (土)

「志村佳苗個展 あなたは幸せだと言う」(S)

「志村佳苗個展 あなたは幸せだと言う」

Th_img_4514

作品の全体的なテーマは「個々の幸せ観念」だそうです。不安と幸せが入り交じった、どこか続きが気になる物語のような作品を作家さんは描いておられます。
 
作品の色や表情、そしてその強烈なメッセージに物凄く魅かれました。私にとっては危機感や焦燥感に駆られ、仄暗い罪悪感を感じさせる展覧会でした。多くの現代人の日常の瞬間を正確に捉え、強いタッチで描かれています。そこには目を背けたくなるような、または気付いていなかった自分の姿が描き出されていて、見たくなかった現実を突き付けてきます。私は目を逸らしたいのに逸らすこともできず、見入ってしまいました。説得力があり、納得させる力のある作品に畏怖と尊敬をおぼえ、鳥肌がたちました。それぞれの「幸せ」の形、先の見えない自分の「幸せ」について悩み、不安と共に前に進んで行こうと背中を押されるような気もしました。みなさんも直に作品を見て色々と感じてみてください。
私が伺った時には在廊されていらっしゃらなかったのですが、機会があればぜひお話してみたいと感じました。作品を見れば絶対に様々な想いが溢れてくる展示会ですので、みなさんはぜひ志村さんと作品についてなど話をしてみてください。話を聞いたり、違う角度から見るとこれらの作品はまた違う側面を見せてくれるような気がします。

「あなたは幸せだと言う。」
Th_img_4516

「映える(ばえる)」
Th_img_4517

Th_img_4518

「私の神様」
Th_img_4520

Th_img_4521

「あの子の結婚式。これであなたは幸せになれます。」
Th_img_4522

Th_img_4523

「母である日」
Th_img_4525

Th_img_4526

「ここに私の全てがある。」
Th_img_4531

「少女であれ。」
Th_img_4535

「片想う」
Th_img_4536

Th_img_4527

「約束の破り方」
Th_img_4532

Th_img_4533

Th_img_4534

「片想う」
Th_img_4528

Th_img_4529

Th_img_4530

日時:開催中〜2/3(日) 12時〜18時
会場:KUNST ARZT
詳細:こちら

「福井さとこ 絵本原画展 『スロバキアのこどもたち・はなとゆろ おるすばんのぼうけん』」(S)

「福井さとこ 絵本原画展 『スロバキアのこどもたち・はなとゆろ おるすばんのぼうけん』」

Th_img_4385

福井さとこさんの展覧会は一度行ってみたいと思っていて、今回ついに念願が叶いました。福井さんは世界絵本原画展も開催されるスロバキアのブラチスラバで原画と絵本の挿絵について学ばれ、スロバキアの最も美しい絵本賞(学生部門)を2度受賞されています。絵本についての関心が高い、絵本の本場とも言えるスロバキアでも認められた絵画と物語にみなさんも触れてみてください。
展示されている西洋木版画で描かれた原画は主人公の兄妹をステキな場所に連れていって、ステキな出会いをもたらしてくれるだけでなく、見ている私たちにも様々な感情を与えてくれます。物語は普通の一般家庭の日常、兄妹でのおるすばんという身近に感じることのできるはじまりで、素直に入っていけます。寂しがる妹を慰める兄、そこから世界はどんどん広がっていきます。独特な表現も絶妙に合わさって、スロバキアという国の風も感じながらも違和感なく、自然と最後まで読めてしまう作品です。ふさぎ込んでいた妹は思ってもみないほど行動的になったり、兄の気持ちには共感したり、自分の子ども時代が思い出され、当時の気持ちも蘇りました。子どもも大人も楽しめる作品だと思います。ぜひ手に取ってみてください。
土日は在廊されており、最終日の2/3 (日)18時からは福井さんによるスロバキアのお話会が行われます。 お時間のある方は行ってみてください。

Th_img_4386

Th_img_4387

Th_img_4388

Th_img_4389

Th_img_4384

日時:開催中〜2/3 (日) 12時〜20時
会場:レティシア書房 地下鉄「烏丸御池」駅から徒歩10分
 
スロバキアのお話会
日時:2/3 (日)18時〜
※参加をご希望の方はレティシア書房までお申し込みください。

2019年2月 1日 (金)

「星を見上げるパイー想像と行為のその先」(S)

「星を見上げるパイー想像と行為のその先」

パイから魚の頭生えている絵画に思わず目が行き、何だかとっても気になって頭からその絵が離れなくなってしまいました。この展覧会には絶対行かなくてはと思い、ギャラリーパルクを訪ねました。こちらのギャラリーは初めて来ました。2階〜4階がギャラリースペースになっています。
展覧会に来るきっかけとなったパイの絵は想像から作り出されたものだと思っていましたが、実はイギリスのコーンウォール地方の伝統料理だそうです。実在する料理だと知って、「食」というのは奥深いなぁと感じました。そんな「食」に対する興味と怖さが引き立たてられる展覧会になっています。「食」に対する人の欲望、食べることと死など、改めて考えさせられることもあります。私も日常をもう一度見つめ直し、「食」に関することだけに限らずもっと想いを馳せていきたいと思いました。

Th_img_4366

Th_img_4367

2階

「鶏供養菩薩」「Please eat me」「私を墓に連れてって」「オイル・ペインティング」
Th_img_4368上の作品は全てケンタッキーフライドチキンを使った作品です。KFCの箱の上で様々なポーズをとっている骨格標本はKFCを食べたあとの骨で作られています。骨の一本一本まで精密に作られていて今にも動き出しそうなガイコツたち。骨格が正確に組み立てられているため、支えが無くても自立して立っていられるそうです。自分の頭を持ったガイコツも展示のために固定されてはいますが、本当は一人で立つことが出来ます。ちなみにカーネル・サンダースの顔はKFCから滲み出た油で描かれているそうです。

3階

「Small restaurant」「隣はセメタリー」
Th_img_43833階は牛丼屋さんのようでした。食品サンプルのような作品なので食べられはしませんが、ちょっと椅子に座って気分だけ感じてみました。お腹が減ってきたかも。メニューにはアタマの大盛ありますの文字が…階段横の卵は割れているものがあってドクロの形をしているものもありました。向かいの壁では「Stuggle becomes the prey of dog」の映像が流れています。

4階

「作業服」「たくわえのためのポートレイト」「牛丼/brain」
Th_img_43753階のメニューにあったアタマの大盛りがありました!この牛丼のアタマ、下から見るとちゃんとどんぶりにのっているのがわかります。

「食事のためのホルスタイン」「テキスト・小包」「首塚」「エビを食べながら」「生肉/heart」Th_img_4376

Th_img_4377このホルスタインは牛乳と牛を使った料理で構成されています。牛丼のところもあればビーフシチューになっているところも、ローストビーフに焼き肉やビーフカツ、中でもピザ部分はとっても美味しそうで思わずよだれが!人間の「食」に対する欲求が見えてくる作品です。壁に展示されたエビの作品には人間の残酷さと狂気を感じました。自分がこれまで行ってきた行為について、立ち止まって問いかけたい気持ちにさせる作品です。心臓を象った作品には胸がドキッとしました。つい長い間見つめてしまい、色々と自分を振り返らなくてはならないような気持ちにさせられました。皆さんもぜひ直に作品を見てみて感じてください。

今回の展覧会には二人の作家さんの作品が展示されています。2階・3階のKFCを使った作品と卵、映像は祐源絋史さんの作品で、3階・4階の食品サンプルのような立体作品は札本彩子さんの作品です。基本、土日は在廊されています。

日時:開催中〜2/3(日) 11時〜19時 金曜日は20時まで
地下鉄「烏丸御池」駅より徒歩7分
地下鉄「四条」駅・阪急「烏丸」駅22・24番出口より徒歩7分
詳細:こちら
 
関連プログラム 「星を見上げるパイ」試食会
日時:2/3(日) 17時〜18時
定員:当日先着15名(予約不要)
 

2019年1月31日 (木)

「SAGIRL5」(S)

「SAGIRL5」
 
あーとぺーじ唯心で開催中の「SAGIRL5」に行ってきました。こちらの展覧会は嵯峨美術短期大学出身の26名によるグループ展です。今回のテーマは「festival」。各々の思い描く個性的でパワフルな作品がぎゃらりーの壁面にズラリと並びます。「festival」といっても感じ方は人それぞれ、神聖なものや自然現象を描いているもの、水の中で開催されているものもあれば、森の中のような作品も、美味しそうな食べ物やケーキなどのスイーツが登場したり、ビールで乾杯しているものも、準備している最中を描かいた作品もあれば、日本のお祭りを表現したもの、さらには立体作品もありました。どの作品も見応え抜群です!
そしてこの展覧会の楽しみ方はただ鑑賞するだけではありません。もちろん作品自体も素晴らしいのですが、それだけではない楽しみ方が隠されているのです。実はそれぞれの作品には出身大学である京都嵯峨芸術大学のロゴマークがどこかに描かれています!わかりやすく描いている作品もあれば、全然わからない作品もありました。在廊されている方に聞いてようやくわかったものもあり、全てを見つけるのはなかなかの難題となっています。在廊されている作家さんも他の方のマークの場所は聞いていないそうで、最後までわからない作品もあるかもしれません。できれば最終日か展示終了後にでも正解を教えていただけたら嬉しいです。皆さんもこの難問にぜひチャレンジしに行ってみてください。

Th_img_4350

Th_img_43521

Th_img_4352

Th_img_4353_2

Th_img_4354

Th_img_4358

Th_img_4359

Th_img_4361

Th_img_4362

Th_img_4363

Th_img_4365

Th_img_4364

日時:開催中〜2/3(日)  11時〜17時半 最終日は17時まで
会場:ぎゃらりーあーとぺーじ唯心 地下鉄「東山」駅1番出口から徒歩10分

2018年12月24日 (月)

「ブックマッチ展」(S)

「ブックマッチ展」

Th_img_4234

Th_img_4264

今回は奈良にある「とほん」さんにやってきました。現在とほんさんでは「ブックマッチ展」が開催されています。ブックマッチと聞いてマッチ箱サイズの本のことかな?と思っていたのですが、そもそも二つ折りのカバーに紙マッチを挟み込んだタイプのマッチを「ブックマッチ」と言うそうです。それぞれの作家さんが工夫を凝らした、可愛らしい作品がいっぱいです。ミニチュアとして部屋に飾っておきたくて私も数点購入しました。

Th_img_4238かわいい切手型シールや古本風のもの、すべて手書きの一点ものや、中がメモ帳になっているもの、クリスマスをモチーフにしたものからお正月を意識して作られているものなど様々です。私が気になったのは読んだ本に影響されるタコさんのシリーズです。その本を読んだタコさんがその後どうするのかが気になって、ついついブックマッチを開いてしまいます。みなさんもお気に入りの作品を見つけてみてください。

「金魚」Th_img_4235

Th_img_4237会場の敷地内には金魚が泳いでいる場所がありました。外でその様子を見てから中に入ると…

Th_img_4239

Th_img_4246

Th_img_4251中にも金魚が!金魚の本やポストカードなども置いてあります。

「クリスマス お正月」Th_img_4253クリスマスやお正月を感じさせるものもあります。ぜひプレゼントやおみやげに!

「絵本」Th_img_4243

Th_img_4245

Th_img_4254

Th_img_4255

Th_img_4247

Th_img_4248 こどもが喜ぶ絵本や大人が読みたくなる絵本などもあります。ご家族で来ても楽しめます。

「雑貨・文具」Th_img_4257

Th_img_4256雑貨や文具もほしくなるものがたくさんそろっています。

Th_img_4249ディスプレイに使われている足踏みミシンや机も味があります。

「奈良」Th_img_4240地元の奈良に関係する書物やグッズなども並んでいます。

「お菓子」Th_img_4244かりんとうにサブレ、おいしそうで手が伸びます。

Th_img_4262会場の奥には…

「ガラスアクセサリー製作・体験工房」Th_img_4259

Th_img_4260

Th_img_4261私は時間がなくてできませんでしたが、ガラスペンダント制作体験ができるようです。作品の販売もしているみたいでした。お時間のある方はこちらにも立ち寄ってみてはいかがでしょう。

日時:開催中〜12/26(水) 11時〜17時
会場:とほん 近鉄「郡山」駅から徒歩10分
 
とほん:twitter
   :facebook

2018年12月23日 (日)

「とある街のちいさな家」(S)

「とある街のちいさな家」

Th_img_4305

Th_img_4304

今回は大阪のギャラリーにおじゃましました。実は前から気になる個展をたくさん開催されているギャラリーhana輪さん、一度行ってみたいと思っていたので念願が叶いました。現在開催されているのは貴納大輔さんの個展です。この方の作品もネット上では拝見していて、機会があれば作品を実際に見てみたいと思っていたのでこのタイミングで来れてよかったです。写真で見るのと実物の作品を見るのとではやはり違います。幸せで嬉しい時間を過ごすことができました。
 
今回の展示の主役は絵画の半立体作品!!正面だけでなくキャンバスのサイドまで描き込まれたお店の絵画には、屋根が付けられて可愛らしい仕上がりになっています。そしてこれらの作品にはある秘密が…!

Th_img_4272

Th_img_4273おしゃれ大好きなネコの“ニア”ちゃんと友だちのイヌの“ミミ”ちゃん!今日はふたりでぼうし屋さんでお買い物。青と赤のリボンの付いたおそろいのぼうしをかぶってお店から出てきたよ。

Th_img_4274

Th_img_4275上の2つのお店にはあるつながりがあります。それはなんだかわかりますか?もう一度よーく作品を見てください。下のジャズ喫茶に向かう二匹のネズミ“topo & ratte”。今日はここで演奏するみたい。左側面にはふたりのサイズのちいさな扉が描かれています。さてここで上の本屋さんをご覧ください。壁に貼られたポスターの中にふたりが描かれたものが!こんなつながりが二つの作品にあるなんて。発見できた時は嬉しくなりました。貴納さんの作品にはこうしたちょっと幸せになれる秘密がちりばめられています。みなさんもお話しを聞いていろいろ探してみてください。

Th_img_4276

Th_img_4277

Th_img_4279

Th_img_4280

Th_img_4282

このレストランを描いた作品にも素敵でおいしい秘密がかくれています。Th_img_4278

Th_img_4271

正面から見ているだけではわからないのですが横から見ると…ホットケーキのチラシが!なんとこのホットケーキ、会場のhana輪さんで実際に注文することができるのです!絵画の世界の食べ物が食べられるなんて、夢みたい。

それがこちら!Th_img_4270

Th_img_4298

Th_img_4302おいしそうでしょう。ドリンクもありますよ。みなさんもお店の絵画を見ながらほっこりティータイムを取られてはいかがでしょう。

※ホットケーキは数に限りがございます。

Th_img_4283_2

Th_img_4284こちらの作品にはたくさんのキャラクターが登場しています。画像ではわかりにくいですが、めったに登場しないパンダのキャラクターが絵画のどこかに描かれています。みなさん実物を見て探してみてください。

Th_img_4285ひつじの“モコ”と“モカ”はパンが大好き!半立体作品の方でもパン屋さんの前にいます。

Th_img_4307こちらは和をモチーフにした作品です。登場するキャラクターたちも違うので注目して見てください。

Th_img_4286

Th_img_4289

Th_img_4290

Th_img_4291

Th_img_4292

Th_img_4293

Th_img_4294

Th_img_4295

Th_img_4296

Th_img_4297貴納さんはこのイヌのキャラクターが一番思い入れがあると仰っていました。今展示でもこの子が一番作品に登場しているのではないかと思います。

さて全ての展示作品を見終えたところで衝撃の事実が判明しました。みなさんは気付いたでしょうか?作品にはサインが書かれているものですが、貴納さんの作品にはぱっと見書かれていなかったことに。でも全ての作品にサインはあるというのです。そこで私はまたひとつひとつの作品をじっくり見てみました。すると…サインがありました。えっ!こんなところに!!と思うような場所に、完全に絵画の一部として存在していました。これは画像ではほぼわからないし、実物を見てももしかしたらわからない方もいるかもしれません。そんな時はご本人にご確認ください。

Th_img_4301

「洋風の作品に登場するキャラクターたち」Th_img_4300

「和風の作品に登場するキャラクターたち」
Th_img_4299

そんな中でカメラマンの“ダル”くんは両方の作品に登場するそうです。Th_img_4309

「グッズ」Th_img_4306ポストカードや缶バッチ、マグカップに絵本なども販売しています。ご購入者の方には今年から毎年クリスマスにクリスマスカードを送ってくださるそうです。他のポストカードとは違い、毎年そのために特別にデザインされたものだそうです。楽しみです。

Th_img_4310会場は階段を上がった奥にあります。駅のすぐ近くです。

日時:開催中〜12/24(月) 13時〜18時
会場:ギャラリー hana輪 大阪市営地下鉄 谷町線 平野駅 7号出口より徒歩1分
詳細:こちら
 
貴納大輔:twitter
ギャラリーhana輪:facebook
ギャラリーhana輪:twitter

2018年12月11日 (火)

「三条富小路書店」(S)

「三条富小路書店」

Th_img_4222

2週間限定の「三条富小路書店」に行ってきました!会場に入ると大手の書店には置かれていないような、熱く想いの詰まった作品がズラリと並びます。今回が9回目の開催なのですが、私は初めて伺いました。今まで知らずに来場できなかったことが悔やまれるほど、素晴らしい品揃えの書店です。参加されている方も多く、その作品の質と数には圧倒されました。100名以上の作り手と書店員スタッフの作り上げた書店にみなさんもぜひ立ち寄ってみてください。絶対に気に入る作品が見つかるはずです!
ほとんどの作品にはサンプルが用意されていて自由に読むことができます。私も気になる作品を次々手に取って読ませていただきました。いつまでもいたいと思わせる空間です。気付けば数時間過ぎていて閉店間際の時間に…急いで気になった作品を選んでレジへと向かいました。
絵本やパラパラ漫画など子どもたちが夢中になれる作品もあり、和室の部屋もあるので、親子で行っても楽しめます。 書籍だけでなくカレンダーやバッグ、Tシャツなども販売されているのでそちらも手に取ってみてください。

Th_img_4209

Th_img_4210

Th_img_4212_2

Th_img_4221_2

Th_img_4223_2

Th_img_4220_2

Th_img_4215_2

Th_img_4216_2

Th_img_4217_2

日時:開催中〜12/16(日) 12時〜19時
   金・土曜日は20時まで 最終日は17時まで
会場:ギャラリーh2o 地下鉄「烏丸御池」駅より徒歩10分
詳細:こちら
 
三条富小路書店

2018年12月10日 (月)

「パンモチーフの雑貨店パンマルシェ」(S)

「パンモチーフの雑貨店パンマルシェ」

Th_img_4191

とってもおいしそうなパンマルシェに行ってきました!京都寺町にある雑貨屋さんの一角で開かれているマルシェではパンをモチーフにしているアクセサリーや缶バッジ、ポーチやスマホケースにポストカードなど思わず食べたくなるような作品がトレーやお皿に乗せられていて、まるで本物のパン屋さんのようです。
お店に入ると作家のmaiさん・ふるいえさんのお二人が窓にこれまたおいしそうなパンなどを描かれている最中でした。最終日にはさらにペイントが進んで、一つの作品が出来上がっているのでしょう。
クマあんぱんなどおいしいだけでなく可愛い作品もあります。中でも1日1個限定のカスタードくんは一推しです。私が行った日は残念ながら本日のカスタードくんは売り切れでしたが、翌日のカスタードくんをチラッと見せていただきました。めっちゃ可愛くて、開催中に早い時間に来店できたらぜひ手に入れたいレア作品です。
もともとは展示品ではなかった、ふるいえさんの私物であるリュックサックも一見の価値ありです。販売されている以外の種類のパンもあって、貴重な作品として展示されています。こちらは非売品になりますので販売はされていません。みなさんもパンを集めて自作してみてください。
京都寺町雑貨屋パラルシルセさんのお店の商品も珍しいものがたくさんありますので、パンマルシェにご来店の際はこちらもぜひご覧になっていってください。

京都寺町雑貨屋パラルシルセ
Th_img_4190

ドアを開けて階段を上ったお店の左側でパンマルシェが開催されています。

Th_img_4204

Th_img_4192あんぱんとメロンパンのパネルから顔を出して写真撮影も可能です。

Th_img_4196『みんなのパン』のコーナーではあなたのすきなパンを描いて一緒に展示しましょう。

Th_img_4203

Th_img_4197サンドイッチの原画はキャンパスの側面まで描かれていて立体的です。

Th_img_4194焼きたてほっかほかのおいしそうな食パンの山を登るおじさんとパンダ。目玉焼きを焼いたり、ジャムを塗ったりと、楽しくおいしい寄り道をしながら登頂を果たした一人と一匹は、満腹でとても満足そうです。幸せな山登りの絵画です。こんな山なら上ってみたいかも。

パンやクッキーのアクセサリーTh_img_4201

デニッシュのミラーチャームTh_img_4200

あんぱんとメロンパンのほかほか缶バッジTh_img_4198

ホットケーキ・あんぱん・メロンパンのポーチとスマホケースTh_img_4202お皿に乗ったホットケーキは本当においしそうです。こうして飾られていると本物に見えてきます。

クマあんぱんTh_img_4193

ふるいえさんのリュックTh_img_4205まるで袋に詰められたパンのようです。トングまで入っている凝りよう。透明なビニールによって雨が降っても大丈夫な完璧仕様です。

Th_img_4207京都寺町雑貨屋パラルシルセの看板を見つけて、

Th_img_4206階段を上がった所がお店です!キツネの絵が目印です。

日時:開催中〜12/13(木) 12時〜19時 最終日は17時まで
会場:京都寺町雑貨屋パラルシルセ 地下鉄「京都市役所前」駅11番出口より徒歩6分
詳細:こちら
 
ツイッター

2018年12月 6日 (木)

「第1回ポストカードとミニ原画展」(S)

「第1回ポストカードとミニ原画展」

Th_img_4183_2

何度も通ったことのある寺町京極通りにこんなにステキなお店があるなんて!今回初めて知りました。通りに面した階段を上がるとおしゃれなお店が姿をあらわします。お店の中は外とは別世界のようで、キラキラとしたアクセサリーたちが迎えてくれます。新しいお店を知ることができて本当に嬉しくなりました。

ポストカードも原画もとっても素敵で、全ての作品を手に取って見てしまいました。みなさんも女の子の好きなものの集まった、お姫様の宝石箱のようなお店の中で、プリンセス気分を味わってみませんか。幸せなひと時を過ごしに行ってみてください。

お店の白いドアから中を覗いてみました↓Th_img_4184_2

通りに面した階段はこんな感じです↓Th_img_4186_2私も一度通り過ぎてしまったので、みなさんも看板を見逃さないでください。この階段を上って行くと…

素敵な女の子の絵画がお出迎えしてくれます↓
Th_img_4182_2

日時:開催中〜12/9(日) 12時〜19時
 
京都 路地裏3坪雑貨店:twitter

«「ブラティスラヴァ世界絵本原画展 BIBで出会う絵本のいま」(S)